メガネを忘れたら・・・

    こんなです(自己紹介)

    maman

    Author:maman
    好きなもの・・・
    山野草(雑草?)
    冬のポカポカ縁側 
    若葉の頃の木漏れ日 
    風の通る木陰 
    風鈴の音 
    カーテンを揺らす風 
    次女nao (広汎性発達障害)
      の平常心 
    光を透す物 ビーズ ボタン 
    古い窓ガラス 
    その窓からの柔らかい陽 
    ふわっふわの原毛 混ざり毛糸 
    おっちゃんの鼻歌 
    子・孫等の笑顔...etc   

    春夏秋冬  平成22・2・22から

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    日々の事

    ありがとう

    嬉しいです

    それぞれの部屋

    いろんな暮らし方 Pop-up

    置き手紙

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    自動翻訳・・・少し勉強します

    English English得袋.com

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    思えば♪   ②

    2014.10.11 03:35|かぜとおし
    昼食後もしばらく海岸沿い
    ゆっくりと大きく回る風力発電の風車がその海岸沿いに並んでいました
             imagephoto-thumb-450x315-29.jpg
              (画像は風の王国 プロジェクトさんからお借りしました)

    「秋晴れ」の言葉がピッたしな青い空!     地は稲穂で一面黄金色です!!
    うちで一番大きいのは人に頼んで耕作している田で一反ちょっと
    その田が6つ、7つは収まりそうな、言うなら地球単位の田が見渡す限り並んでいました
    車の窓を開ければ、入ってくる澄んだ風も私には地球単位  
    すべてが心地良くて、体も?気持ちも無重力状態・・・・・・・・・・

    そんなこんなで目指したのが田沢湖です
    田沢湖⑤
    そろそろ田沢湖だぞって思う頃から雨

    1410673873_IMG_4555.jpg
    水の色不思議

    田沢湖①
    雨は直ぐに上がり、雰囲気作りを担っていたような気がしました  


             田沢湖で宇宙遊泳?!


    400-3_20141008061013c83.png

    田沢湖を名残り惜しく後にし、この日の最終目的「乳頭温泉」へ   この時点で3時
    乳頭温泉2  乳頭温泉1
    目指していた鶴の湯さん、
     3時からは宿泊されている人のための湯いうことで立ち寄り湯ならず
    確認が甘かったと残念に思いながらも、諦めきれずにいる時、
      乳頭温泉郷のウォークガイドをされている方の案内でこんな所へ
    乳頭温泉53

    岡山から車で?と驚かれ、問い合わせなどして下さった上に、
    今の時間(3時45分)なら何とかと、車に同乗して連れて行って下さったのは黒湯温泉
    乳頭温泉51

    白い湯に黒湯とは如何に?     何とも風情のある、いい湯でした!!
    リュックを背負った人が、流水で靴についた土を洗い「帰りました」と建物の中へ入って行かれる
    湯治の湯らしい和やかさを感じました   私にとっては不思議な雰囲気で新鮮やったです
     

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。