メガネを忘れたら・・・

    こんなです(自己紹介)

    maman

    Author:maman
    好きなもの・・・
    山野草(雑草?)
    冬のポカポカ縁側 
    若葉の頃の木漏れ日 
    風の通る木陰 
    風鈴の音 
    カーテンを揺らす風 
    次女nao (広汎性発達障害)
      の平常心 
    光を透す物 ビーズ ボタン 
    古い窓ガラス 
    その窓からの柔らかい陽 
    ふわっふわの原毛 混ざり毛糸 
    おっちゃんの鼻歌 
    子・孫等の笑顔...etc   

    春夏秋冬  平成22・2・22から

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    日々の事

    ありがとう

    嬉しいです

    それぞれの部屋

    いろんな暮らし方 Pop-up

    置き手紙

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    自動翻訳・・・少し勉強します

    English English得袋.com

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    涙が止まらない

    2011.07.01 02:56|未分類
    久々に「時間が過ぎてから思うこと」添付します

     今朝方(30日)仕事に向かう時の事
    両掌に収まるくらいの子猫が2匹、道路端っこに寝ていました
    1匹は冷たくなって・・・・・
    その動かない体の顔辺りに、頭をのせて寄り添っていたんですもう1匹が・・・・・
    桜土手に埋めてやりましたが「父さん、駄目だぁ~ 泣けてしまうぅ~」
     一人になった「あの子寂しいやろなぁ」そう思ったらまた涙

    我が家・・・、野良ちゃんが数匹居てます
    左前足がとんでもない方向に向いてぶら下がっていた子が始めての訪問者でした
    この2匹はその子の・・・かも知れない?
    おっちゃんに釘さされました     我が家には犬も猫も居るからです



    「時間が過ぎてから思うこと」添付
    お別れした日です
    2007/09/01(Sat) 20: 37:39
    今日はアンディーs_dog_20110702020210.gifの命日
    昨年9月1日夜8時17分、家族みんなが居る中静かに眠りました。  
    とっても穏やかな子で、優しい目や仕草まで鮮明に思い出します。
    13年前、犬が苦手だったお父さんに子供達と力を合わせて懇願し、
     半ば強引に9匹兄弟の中からアンディーと決めました
    迎えにはお父さんも一緒に行き、何と自分の膝に乗っけて連れて帰ったんですよ。
    その4年後にやって来たすみれs_cat_20110702020210.gifとは唖然としてしまうくらいの仲良しで、
     ご飯を食べる時も、寝る時も、そして散歩も亡くなる直前まで一緒でした。
         200709012037392.jpg
    風来坊がどこからかやって来て、アンディーの横で寝ているなんて事
    3女が中学生の時、捨てられていた子犬5匹を連れ帰って、
     自分の部屋にかくまって?いました
    大切に育ててくれる人が見つかるまで、アンディが面倒見てくれた事もあったなぁ                      

                     ありがとう アンディー


                      去年(2010)は・・・・・

    前記事と言い、今ワンニャンが私のポイントかな?
    CA3H0109.jpg
               ココに似ています(アトリエ・チャーリーさんの絵)

    コメント

    mamanさん こんにちは~

    仔猫が生まれ捨てる罪を作るよりは
    少々お金はかかりますが避妊・去勢手術をされないんでしょうね~

    仔猫には罪はないのに・・・
    アンディちゃんは優しい心の持ち主だったんですね~

    いまもそばで見守ってくれてますよ(^_-)-☆

    家族として一緒に暮らしている動物達
    いただいたコメントに、
     みなさんのいろんな形の接し方や思いを感じました

    怪我をしてしんどそうだったから・・・
    歩けずにいたから・・・  
    おっちゃんが言うように、私は安易に手を出してしまった


    紅葉さん
    傍に寄り添っていた子の、
     何故だかわからない現状の戸惑い、
     寂しさを思うと、涙が止まらなかったです
    そしてやはり安易な手出しの後悔

    アンディは穏やかで温かな、存在感の有る子でした
    今もそれを感じています

    この世に生を受けながらゴミの様に捨てられて絶たれる命v-406
    愛されながらも天命を持ってお別れしなければいけなくなる命 私も家のv-286と何時かは別れが来る日が有る事を思うと一回でも多く頭を撫でてあげようと思います 縁有って家族に成ったんですものねv-421

    mamanさん

    時間が過ぎてから思うことは、
    同じ感情がわきあがることも、また違ったときもあるな。。
    3女さんホント優しいですね、
    自分だったら見て見ぬふりして去ります 汗。



    泣かないで。
    今日は、mamanさんの涙の蛇口を止めにきましたよ^^
    亡くなっていた猫はmamanさんに亡骸を埋めてもらって喜んでいると思います。
    そばにまだいたんじゃないかな。だからもう一匹の猫もよりそっていたのでは・・・。
    この子達は、mamanさんに短い時間だけでもあえて
    愛情をもらえてよかったなって思います。
    きっとmamanさんにつながったことで、
    アンディーちゃんのところにいってるんじゃないかしら?
    お母さん、あとは私にまかせてねっていってるんじゃないかしら^^
    mamanさんが泣いてたら猫ちゃん困ってしまいますよ。
    この記事をよんでの私の感想。。。
    不愉快になってしまったらごめんなさい。

    昨日のお昼、鳥の異常な鳴き声がしてるなっと
    思ったら、うちの目の前の道路で小鳥が車にひかれてました。調子が悪くてうまく車をさけれなかったのかな。
    仲間の鳥は、鳴いて一生けん命呼んでいたようです(涙
    この小鳥を庭に埋めながらmamanさん、まだないてるんだろうか・・とおもってました。
    人間と動物みんな幸せだといいですね。

    昨夜は息子んちにお泊まり
    用事があって出向き、済ませて帰ろうとしたら
          「ちょっと居酒屋でも行こうや」
    なんて久し振りのお誘い  晏くんの「お疲れ~」で乾杯
    あすきも居るので早目の切り上げでしたが、
      おっちゃん嬉しかったご様子でいい眠りに


    minnyさん
    私が子供の頃の大昔から、
     i-100i-101が傍に居るのは当たり前のような日々
    当たり前のような家族同然の毎日
    大きな存在ですよね
    一緒に過ごしたどの子にも思い出があり、感謝しています


    しろさん
    いくらなんでも「部屋に5匹の子犬」には驚きましたから・・・
    アンディは懐に抱えて寝てくれ、ちゃんと面倒を見てくれました
    子犬たちそれぞれに住居が決まって居なくなった時、
     そりゃぁ寂しそうでした 


    るんまんさん
    しばらくは「だめだぁあ~」って叫んでました
    残された子猫が気にもなります
      でも、もう泣いていませんよ(アリガトウ)

    るんまんさんも私と同じ様な事を・・・
    可哀想だけれど、感じるものもあり、
     何かしら得るものがあった様な気がしませんか?

    表情や雰囲気を読み取って・・・読み取れて・・・
     家族になっていけるんだよって教えてくれましたアンディは・・・
    添付した「時間が過ぎてから思うこと」のアンディの横顔、
    穏やかでしょ?  凛々しいでしょ?  男前でしょ?
    一緒に写っている長女が結婚した年の写真です
    惚れ惚れしちゃうってこのことだね?   きっと!
    今もだぁい好き

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。